読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女性用育毛剤のすすめ

薄毛や抜け毛にお悩みの女性の為に育毛剤や育毛ケア方法を紹介しています。

女性に多い脱毛症

女性が発症する可能性がある脱毛症です。「ホルモン」・「皮脂」・「ストレス」・「頭髪への負荷」など様々な要因で引き起こす脱毛症です。

脱毛症により症状は異なりますが、男性のように局所的な薄毛ではなく全体的に毛髪が少なくなる事が特徴です。完全に禿頭状態になることは稀と言われています。

分娩後脱毛症

女性ホルモンの乱れによる毛周期が一時的に変化することが原因です。出産後から脱毛症状が発症し授乳を終える半年から1年経過したころから回復に向かいます。

びまん性脱毛症

女性脱毛症の総称にように扱われている脱毛症で原因は様々です。ホルモン分泌の乱れ、ストレス、ダイエット、薬の副作用などが原因で毛髪が成長を休んでしまう休止期毛の割合が増え、抜け毛が進行し薄毛になります。特徴としては男性のように特定部分が薄くなる症状とは異なり、広範囲で抜け毛が進行し薄毛になる症状です。

脂漏性(しろうせい)脱毛症

皮脂の過剰分泌が原因の脱毛症です。食生活や不適切なヘアケアで発症することが多いです。過剰分泌した皮脂が毛乳頭を刺激して発症します。症状が悪化すると脂漏性皮膚炎を併発する恐れがあります。

粃糠性(ひこうせい)脱毛症

頭皮環境の悪化で大量のフケ発生が原因する脱毛症です。肌にあわない整髪料やシャンプーを利用したことで発生したフケ皮脂が毛根への栄養供給の妨げとなります。適切な処置をしなければ悪化する傾向にありますので早めの治療が必要です。

牽引性脱毛症

ポニーテールやヘアをアップで毛髪が引っ張られることが原因する脱毛症です。毛髪を引っ張って抜けることが原因ではなく、頭皮の血行不良で毛母細胞の栄養が不足することが原因です。

円形脱毛症

頭髪が円形または楕円形に脱毛が進行し突発性がある脱毛症です。精神的なストレスが原因することが多く、外敵に対して働く免疫力が自身の毛髪へ働き脱毛する症状です。頭髪のみならず、眉毛や睫毛へ脱毛範囲が拡大することがあり、症状が悪化すれば体全体に及ぶ場合もあります。

広告を非表示にする