読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女性用育毛剤のすすめ

薄毛や抜け毛にお悩みの女性の為に育毛剤や育毛ケア方法を紹介しています。

トリートメントとリンスの違い

シャンプー後は、トリートメントなどの毛髪コーティング剤を使います。これらは、毛髪や頭皮に付着して、髪の指通りを良くしたり、髪に潤いを与え保湿効果を得ることができます。毛髪コーティング剤にも、特徴や得られる効果に違いがありますが、正しい知識を持ち、用途に合わせて使い分けてください。

トリートメント・コンディショナー・リンスは、基本的に成分が似ていますが、髪のダメージが酷い場合は、リンスよりもトリートメントを利用する方がより高 い効果を得ることができます。トリートメント塗布後、シャワーキャップをかぶり、10分ほどおいても良いでしょう。毛髪が温まると髪のタンパク質の結合が 緩み、トリートメントの成分がより浸透しやすくなります。しっかりとヘアケアしたい場合は、実践してみてください。

トリートメント

トリートメントは、毛髪を健康にする目的で開発され、リンスと比較して粘度が高く毛髪に深く浸透します。毛髪に油分と水分を補え、毛髪に必要とされる12~13%の水分を含ませ、油分でコーティングして水分量をキープします。同時にドライヤーなどからの乾燥や枝毛・切れ毛を防ぎます。

コンディショナー

コンディショナーは、シャンプー後、毛髪のコンディションを整える目的で開発されたコーティング剤です。毛髪に汚れが付着しないようにしたり、サラサラ感やしっとり感を維持します。

リンス

リンスは、最初に開発されたコーティング剤です。シャンプー後、きしんだ髪を中和させ、くしや指通りを良くします。有効成分が毛髪に付着して水分量をキープしたり、髪にしなやかさとツヤを与え、静電気の発生を抑える効果があります。

広告を非表示にする